top of page

2.2練習

もう2月。早いですね。

北日本では大雪のようですが、京都は朝方は冷えるものの昼間は暖かく感じる日もあります。


今日は練習で使わせてもらってるホールに反響板が設置されていました。本番前にこんな良い条件で練習させてもらえるなんて、なんと有難い。

今まではリズムを合わせたり、吹き方を揃えたり、細かい練習でしたが、今日は全体の音量や楽器のバランスなどを確認しました。

大人数で合奏する時は、音量差(ダイナミクス)を付けるのが難しく、楽譜にpと書いてあっても曲によって楽器を鳴らす音量を考えて吹かないと、聴いてる人にはpに聞こえない事があります。

一人で小さく吹けば音は小さいですが、20人で小さく吹いても、思ったほど小さく聞こえないのです。なので、もっと小さく繊細に音を出さないといけない。ほんと難しいです。

でもこれができたら音量の幅が広がり、迫力ある演奏に繋がります。


もう少しで本番。

体調管理しっかりして本番に臨みたいです。


閲覧数:79回

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page